デリヘル風俗情報 イーデリナビ

埼玉の新名所:川越の菓子屋横丁

埼玉県の南西部にあり、小江戸として県内外から多くの観光客が訪れる川越。川越観光と言えば風情のある建築物の醸し出す情緒や雰囲気を味わいながら散策をするのが一般的ですが、近年注目されているのがお菓子屋さんがたくさん集まっている菓子屋横丁です。菓子屋横丁は六塚稲荷神社と蔵の街並みエリアの間にあり、限られたエリアに20店舗ほどのお菓子屋さんが集まっています。

 

和楽花音では、北海道の小豆や熊本・天草から寒天を取り寄せるなど、素材にとてもこだわっています。紫芋をぜいたくに使った紫いもパフェは白玉ぜんざいやバニラアイス、生クリーム、紫芋のあんなどを組み合わせたもので、見た目に華やかでありながら甘すぎず、若い女性をはじめとして人気となっています。他にも、さつまいもと紫芋のそれぞれのあんを組み合わせた花音アイスクリームも有名で、きんきんに冷やしたアイスに暖かいあんが彩りを添えています。

 

販売しているものをすべて手作りしているのが松本製菓です。ニッキ飴や麦棒、べっこう飴など、昔懐かしい伝統的で素朴なお菓子を中心に提供しています。特に麦棒は川越で古くから食べられているお菓子で、水あめと麦を練って作るシンプルでありながら滋味深い逸品です。

 

江戸時代からの歴史を誇る松陸製菓では、黒糖玉が人気です。これは黒糖を使った飴で、時間をかけて丁寧に作られています。他にも、川越の名産品であるさつまいもを使用した芋羊羹やきんつばなども人気商品です。